手を組む人々

探している方へ

こんな症状はありませんか

ベンチに座っている男性

心療内科をご存知ですか。心療内科がお勧めの方は、何かしら身体症状があるのに、検査をしても異常がない、と言われた人です。たとえばずっと下痢が続いているのに普通の病院にかかって、診察や検査を受けても原因がないといわれた場合。めまいを繰り返すのに耳や頭の検査などをうけても異常がない場合などです。 下痢の場合、検査で大腸が狭かったり腸の表面が荒れていたりした場合を器質的異常といいます。通常の病院で行う検査はこの器質的異常をみつけて診断することが多いです。検査で器質的異常がない場合は異常なしと診断されることも少なくありません。 本人はとても困っているのに異常なしと診断される。困った人はいくつもの病院を回ることになります。けれどもどこでも言われることは同じ。そんな方は見方を変えて、心療内科に受診しましょう。

東京で心療内科を探す

東京には多くの心療内科があります。心療内科は心が原因で症状が出る人に適した病院です。器質的異常がないのに症状がある方の大部分はストレスによる機能的異常の可能性が高いです。 心療内科はそんな機能的異常の方を二つの面で治療してもらえます。一つは今出ている症状を抑える治療、もう一つは原因となっているストレスを緩和する治療です。 これまでこのような症状は精神科を受診することが多く、実際にはかかりづらいのが現状でした。しかし東京でも多くの内科が心療内科も診察するようになり、心療内科にかかることは一般的になりました。 病院では検査して異常がなければ、軽い症状と捉えがちですが、患者にとっては毎日続く症状は日常生活に支障をきたし、症状自体がストレスとなって悪循環に陥ります。 東京にお住まいで思い当たる症状がある場合は、東京の心療内科を探して受診してみてください。